【新潟 vs 徳島】エースの風格をまとい始めた渡邉新太が反撃の先頭に立つ

2020年9月18日(金)


前節、アウェイで首位のギラヴァンツ北九州に1-2で敗れたチームは、2位のV・ファーレン長崎との勝点差も9に広がり、昇格争いに踏みとどまる重要な局面に差し掛かっている。明日、ホームのデンカビッグスワンに迎え撃つのは、3位の徳島ヴォルティス。シーズンの折り返しを目前に、反撃の先頭に立つのが生え抜きのアタッカー、渡邉新太だ。

アカデミー出身で、流通経済大学を経て、地元でプロとなって3年目。ここまでチーム最多の7得点を挙げ、19試合すべてに出場しているのも、ただ一人(3試合は途中出場)。まさにエースと呼ぶにふさわしい。

FWでもMFでもプレーできるポリバレント性が、替えのきかない存在にしている。北九州戦も、ファビオと2トップを組んで先発すると、1点を追う終盤、4-4-2のダイヤモンド型に変形した中盤の左に入り、果敢に仕掛け続けた。前節は惜しくも一歩及ばなかったが、MFで先発してFWに上がることも多く、展開に応じて配置をどんどん変えるアルベルト監督の積極さい配を支えている。

スペイン人監督は、攻撃におけるチームのキープレーヤーを、高く評価している。

「ひと言でいえば、新太は完成度が高いアタッカー。何かが突出しているというわけではなく、多くのことをハイレベルにこなせる、バランスの取れた選手です。しかも攻撃だけではなく、守備の貢献も素晴らしいし、中盤のつなぎ役にもなれるし、カウンターでも我々の武器になる。良いミドルシュートがあり、ボックス内ではFWらしくプレーできて、両足を使うことができる」

90分の中でポジションが変わるのは簡単ではないと、自身は捉えているが、勝利を目指すチームを機能させる上で、その貢献度は極めて大きい。

「ポジションを変えながらプレーするのは難しいけれど、いろいろな選手がポリバレントにできるようになればもっといいと思う。点を取りに行く、守り切るという展開に応じてこちらがポジションを変えていけば、相手も対応しづらいだろうし」

ポジションを変えても、常に変わらないのが相手ゴールに向かって行く姿勢だ。勝利への貪欲さを隠すことなく、エースはチームをけん引する。


文:大中祐二(新潟担当)


明治安田生命J2リーグ 第20節
9月19日(土)14:00KO デンカS
アルビレックス新潟 vs 徳島ヴォルティス
デンカビッグスワンスタジアム(アルビレックス新潟)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.1)
アクセス (3.8)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.5)
アウェイお楽しみ (4.2)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報