【長野 vs 讃岐】吉田伊吹 日増しに大きくなるストライカーの存在感

2020年9月21日(月)


今年の長野は世代交代を進めており、多くの若手選手が主力に定着している。そんな『ヤング・パルセイロ』にあって、FW吉田伊吹の存在感が日増しに大きくなってきた。

ベガルタ仙台アカデミー出身で、産業能率大へと進学し、昨年は長野の特別指定選手として登録された。試合出場はならなかったが、その経験を無駄にはせず、今年は開幕からスタメン出場。持ち前の体の強さやポストプレーで、チームに貢献している。ここまで11試合で4得点という数字は、ルーキーとしては悪くない。
しかし本人は、「4得点については嬉しい気持ちもありますが、得点を決められなかった試合もあるし、スタメン定着もできていないので、悔しいという気持ちが強いです」と満足していない。確かに順風満帆ではなく、一時はメンバーから外れることもあったが、「全てがうまくいくわけではないので、その時に自分ができることを全力でやっていこうと取り組んできました」。
それまでのプレーエリアをコーチから示されて、自分がゴールから遠い位置でプレーしていたことに気づき、もっとゴールに近づくことをトレーニングでも意識してきた。再びチャンスをつかめているのも、そんな地道な努力の賜物だろう。

3連勝と上り調子の長野。「どのチームと戦っても、やれるという手応えは感じている」と吉田は言うが、「勝ちきれなくて今の順位になってしまったと感じているので、J2昇格のためにはもっと細かいところを突き詰めないといけない」とさらなるレベルアップの必要も感じている。
前節の岐阜戦から中2日というハードスケジュールでの試合になるが、「できるかぎりの準備をして、いい状態で試合を迎えられるようにしたい」と気持ちを高めている。


文:吉田義生(長野担当)


明治安田生命J3リーグ 第17節
9月22日(火)18:00KO 長野U
AC長野パルセイロ vs カマタマーレ讃岐
長野Uスタジアム(AC長野パルセイロ)
みんなの総合評価 (4.6)
臨場感 (4.7)
アクセス (3.7)
イベント充実 (3.5)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (3.8)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集