【八戸 vs 藤枝】「チームがよくなるために」。秋吉泰佑が貫くブレない姿勢

2020年9月21日(月)


「チームがよくなるために」。
 
チーム加入当初からこの言葉を第一に掲げ、自分に何ができるかを常に考え、プレーし続けてきた秋吉泰佑。今季もブレることなく、ピッチでその姿勢を示し続けている。
 
開幕から3トップのウイングとして、徐々に調子を上げてきた秋吉。「今季はゴールやアシスト、点に絡むことを意識しています」という言葉通り、ゴールに向かう積極的な姿勢から、ここまで4ゴール2アシストと上形洋介と並ぶチーム最多得点を挙げている。前節のガンバ大阪U-23戦でも3点目となる決勝点を挙げ、3試合ぶりの勝利に貢献した。
昨季までは、相手の背後への抜け出しから前線の起点やチャンスメイクを担う役割が多かったが「今季は後ろからしっかり繋ぐスタイルで、チームの決まり事がある中、自分がゴールを決めることで、チームが勝つなら」と、チームのスタイルを踏まえ、今季は得点源としての役割を果たしている。
 
また、「気にするな!次、次!」、「まだまだ、ここからだぞ!」。試合の入り、リスタート、劣勢の場面など、要所で発する秋吉のポジティブな“声”も流れを引き寄せるチームの力となっている。
「基本的なことですけど、声は大事だと思っています。試合の入り方、締め方も含め、そういう部分を大事にしながらやっていかないと上位のチームと戦えないと思います。連敗した鹿児島、岐阜、上位にいる熊本も、もともとJ2にいたチームで、選手の質はやっぱり上。そういう部分をやりつつ球際で負けないとか、走り勝つとか、そういうところをやって、やっと戦える」と、リーグでの自分たちの立ち位置を分析し、危機感にも似た思いを言葉にする。
 
なかなか上向かないチームの現状に、もどかしさを感じつつも「このチームがよくなるために何ができるか。俺のやることは変わらないので」と笑みを浮かべる秋吉。
このブレない姿勢が、チームを良い方向に導くに違いない。


文:芳賀広太郎<AOMORI GOAL>(八戸担当)


明治安田生命J3リーグ 第17節
9月22日(火)13:00KO プラスタ
ヴァンラーレ八戸 vs 藤枝MYFC
プライフーズスタジアム(ヴァンラーレ八戸)
みんなの総合評価 (3.6)
臨場感 (4.8)
アクセス (2.4)
イベント充実 (2.9)
グルメ (3.7)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報