【愛媛 vs 新潟】チーム苦境に有田光希「選手同士で言い合うことも大事」

2020年9月22日(火)


愛媛は現在3連敗中。順位浮上のきっかけを掴めないだけでなく、逆に前節終了時で最下位と勝点で並ぶ21位へと順位を降下させている。
この苦境にチームのべ5年目の有田光希はチームの現状をどう感じているのか。その胸中を語ってもらった。

-ここまでの戦いぶりを踏まえ、どう今節に臨みたいか?
「個人的な部分で言えば、途中でピッチに入ってチャンスが作れていないわけではないので、そこを決め切れていれば結果は変わっていたはずだし、そこで投入されている意味をもう一度自分の中で解釈し直して試合に臨みたい」

-内容面が思うように結果に反映されないもどかしさもあると思うが?
「健太さん(川井監督)になってからやろうとしていることはずっとブレていない。そんな中でも試合展開によって状況は変わってくる。そのときのメンバーやコンディション、細かなところまで言えばボールタッチの感覚によっても変わってくる。大事にしていることは続けていくべきだと思っているけど、状況によっては裏に蹴ったほうが良いときもある。前節の群馬戦なんかでも後半2トップにして前線にボールを送れるようになってから押し込むことができた。状況に応じたサッカーもできるようになれば、チームとしての戦い方に幅もできる。僕らは相手を押し込んだ中でボールを動かしたいので、そういうプレーもやりやすくなるのではないかと思う」

-チーム内の雰囲気はどうか?
「もちろん負けた試合とかは、コーチングスタッフを含めて原因についてミーティングして共有し合っているけど、それ以外でも共有するところは共有して、意見を言うこともある。ただ、落ち込んでいるという感じではなかった。順位だけを見れば気にしなきゃいけないのはわかるけど、全ての自信を無くしたかと言えばそうではない。自分たちが胸を張って自分たちのサッカーはこれだと言うには結果を出すしかない」

-チーム内で改善が必要だと感じるところは?
「もうちょっと選手同士で言い合うことも必要かなと思う。いままでいたチームには気が強い選手もいたし、練習中でも激しく言い合う場面はあった。それでピッチ外で関係が悪くなるかと言えばそうではないし、ピッチ内で言い合える関係ができればチーム全体が引き締まる。何でも言えば良いというわけではないけど、必要なときには言い合うことも大事だと思っている」

有田は今節試合当日に29歳の誕生日を迎える。自らのバースデーゴールはチームの苦境脱出となる祝砲になるだろうか。


文:松本隆志(愛媛担当)


明治安田生命J2リーグ 第21節
9月23日(水)19:00KO ニンスタ
愛媛FC vs アルビレックス新潟
ニンジニアスタジアム(愛媛FC)
みんなの総合評価 (3.6)
臨場感 (3.2)
アクセス (2.3)
イベント充実 (3.8)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報