【湘南 vs 川崎F】「チームを勝たせられるように」――舘幸希

2020年9月26日(土)


初先発であることを忘れさせるパフォーマンスだった。前節の鹿島戦、大卒ルーキーの舘幸希は初めてリーグ戦のスタメンに名を連ねた。持ち味である1対1の強さを発揮し、身を挺してシュートを阻むなど守備に献身すれば、ボールを持った際も落ち着いて組み立てるなど90分を通して特長を傾けた。

「試合前は緊張していましたが、周りに声をかけてもらってすんなり入れました」。一戦をあらためて振り返る。
「準備はしていたし、やってやろうという気持ちだった。守備の部分で自分のよさを出せましたし、個人的には自信を持っていい内容だったかなと思います」

冷静にプレーできた背景には仲間の存在もあった。とくに四中工の先輩が隣にいることは大きな支えになったようだ。
「坂(圭祐)くんはつねにコーチングしてくれるし、いいプレーをしたら褒めてくれる。どう動いていいか分からないときもほんとうに助けになりました。守備も攻撃もすごくやりやすかったです」

ただ、それでも表情が晴れないのは、結果が伴わなかったからにほかならない。一進一退の展開が続くなか、湘南は後半アディショナルタイムに失点し、0-1で敗れた。
「残り数分だったので負けてしまったことが非常に残念です。自分がチームを勝たせられるようにしたい」

今節は首位の川崎Fを迎える。「チャンスが今後あるかどうかは分かりませんが」。競争を自覚する一方で、準備には余念がない。
「僕のストロングは守備の部分。そこでは絶対にやらせたくない。フロンターレさんはリーグのなかで攻撃力がいちばん高いチームだと思うので、DFとしては0に抑えたい」

鹿島戦ではスピードの違いや技術の高さなど課題に通じる気付きもあったという。ピッチに立ってこそ得られる経験を糧に、ここからまた一歩ずつ踏みしめていく。


文:隈元大吾(湘南担当)


明治安田生命J1リーグ 第19節
9月27日(日)19:00KO BMWス
湘南ベルマーレ vs 川崎フロンターレ
Shonan BMW スタジアム平塚(湘南ベルマーレ)
みんなの総合評価 (3.8)
臨場感 (3.6)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.4)
アウェイお楽しみ (3.9)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報