【山形 vs 琉球】渡邊凌磨、「怖さ」の先に見るもの

2020年10月9日(金)


その動き出しは大きく、ダイナミック。相手に隙があれば、逃さず果敢にシュートを狙う。渡邊凌磨が、相手にとって怖い選手であることは疑いのないこと。

今季が始まる前、渡邊は「自分にボールが入ったときに相手を1枚剥がすとか、何がなんでも前を向くとか、相手から見ていて『怖いな』と思う選手ではなかったと思う」と自身を分析していた。第2節、第4節で得点。相手に怖さを植え付けるプレーのなかで、ゴールへの積極性が功を奏して生まれた得点だった。

しかし、そこから得点はパタッと途絶える。シュートチャンスがないわけではなく、フィニッシュが相手キーパーに阻まれるなど決めきるべき場面で惜しくも逃すケースを重ねていた。今季3点目をとった第21節・岡山戦の直後、渡邊は当時の心境をこう振り返っている。

「結果というところに関してはすごく厳しく自分でも思ってたし、辛かったですけど、やり続けるほかないと思ってるし、やり続ければとれると思っていた」

その渡邊の新境地が見られたのは、第23節・群馬戦。開始4分、大槻周平のゴールをアシストして始まり、自らにもサイドネットを揺らす惜しいシュートシーンがあったが、72分。ショートカウンターから加藤大樹が仕掛けてシュート。相手守備のブロックでペナルティーエリア右にこぼれたボールに渡邊が追いつくと、中央へのグラウンダーで山岸祐也のゴールをアシストした。フリーだったことや、ニアにコースが空いていた状況を考えれば、強引に打つ選択肢もある場面だった。しかし、渡邊はこぼれ球を追いながら山岸をしっかりと確認。最初からファーストチョイスは山岸へのクロスだったようだ。

「それがエゴではなくて、チームが勝つためにという部分で自分も考えているので、仕掛けるところは仕掛けるし、味方と連係するところは連係するというところをちゃんとやっていきたい」

ゴールに苦しむ状況では、ともすればプレーが小さくなりがちだが、プレーの大きさを維持しつつ、相手に与える怖さも失ってこなかった。そのなかで、アシストも選択肢にあれば、幅は広がる。渡邊は歩みを止めていない。


文:佐藤円(山形担当)


明治安田生命J2リーグ 第25節
10月10日(土)14:00KO NDスタ
モンテディオ山形 vs FC琉球
NDソフトスタジアム山形(モンテディオ山形)
みんなの総合評価 (3.7)
臨場感 (3.2)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.6)
アウェイお楽しみ (3.9)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集