【長崎 vs 水戸】王者マリノスからやってきた「超」強力助っ人 FWエジガル ジュニオ

2020年10月31日(土)


10月29日。昇格争いを繰り広げる3位長崎に、「超」がつく強力な新戦力がやってきた。

横浜FMから加入したエジガル ジュニオは昨季、16試合11ゴールでチーム15年ぶりのJ1制覇に大きく貢献したストライカーだ。決定力不足が浮き彫りになっている長崎にとってはこれ以上ない補強。対戦相手にとっては、また厄介な選手が一人増えたと感じるだろう。

今季もマリノスで16試合に出場しており、10月21日の名古屋戦(2-1)では先制ゴールも決めている。シュート技術、裏に抜ける動き、ポストプレー。どれを取っても一級品だが、特にペナルティーエリア内の位置取りに定評がある。
「試合の中で自分よりゴールの可能性があるポジションを取った選手がいれば私はパスを選択する。だけど、当然ゴールも大事なのでベストを尽くして決めていきたい」。チームの勝利を最優先する姿勢が、何とも頼もしい。

これで長崎でプレーするブラジル人選手はルアン、カイオセザール、フレイレと合わせて4人になった。元コロンビア代表のビクトル イバルボも含めると南米勢が計5人。群雄割拠の明治安田生命J2リーグを見渡しても、群を抜くと表現していいほどの顔触れだろう。

いかに早くチームにフィットできるかが問われるが、長崎もマリノスと趣が似たポゼッションサッカーをしていることもあり、手倉森誠監督は「戦術理解力が高いから、すぐにやりやすさを感じてくれるはず」と心配はしていない様子。

29歳の助っ人は「クオリティーの部分で違いを見せたい」と言い切る。2位徳島までは勝点差5。長崎が逆転昇格できるだけのピースはそろった。あとは結果を出すのみ。今シーズンも残り13試合-。


文:中島宙(長崎担当)


明治安田生命J2リーグ 第30節
11月1日(日)14:00KO トラスタ
V・ファーレン長崎 vs 水戸ホーリーホック
トランスコスモススタジアム長崎(V・ファーレン長崎)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.1)
アクセス (3.4)
イベント充実 (4.5)
グルメ (4.2)
アウェイお楽しみ (4.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集