【明治安田J3 第24節】ロアッソ熊本が熾烈な2位争いを一歩抜け出す!首位・ブラウブリッツ秋田は3試合ぶりの白星で無敗継続

2020年10月31日(土)

秋田 2-1 八戸|ソユースタジアム

4分に中村亮太の先制ヘッドで早々とリードした首位の秋田に対し、八戸は40分に黒石貴哉が同点ゴールを奪取。しかし、55分に韓浩康のクロスを中村が再び頭で決めて勝ち越し。秋田が3試合ぶりの白星で無敗を継続しました。

YS横浜 2-2 岩手|ニッパツ三ツ沢球技場

1-1で折り返した後半開始直後の46分、中野雅臣のJリーグ初得点で岩手が再び試合をリード。追うYS横浜は85分に植村友哉のクロスからピーダーセン世穏の同点ヘッドで2度追いつく粘りを見せ、ドローに持ち込みました。

鳥取 0-1 C大23|Axisバードスタジアム

鳥取が攻勢を仕掛ける中、C大23は好セーブを連発したGK永石拓海を中心にゴールを死守。両チーム無得点で迎えた90分、ショートカウンターから藤尾翔太が値千金の決勝ゴールを決めてC大23が4試合ぶりの勝利を収めました。

長野 0-1 富山|長野Uスタジアム

長野の攻撃をしのぎつつチャンスを狙う富山は、68分に椎名伸志が頭で押し込んで待望の先制点を奪取。この一撃で長野を押し切って今季2度目の連勝を果たしました。長野は今季初の連敗で2位から4位に後退となりました。

岐阜 1-1 相模原|岐阜メモリアルセンター長良川競技場

5位の岐阜と4位の相模原の直接対決は、34分に粟飯原尚平のグラウンダーの折り返しがゴールに吸い込まれて岐阜が先制。対する相模原は45+1分にホムロのPKで同点に追いつくも、最後まで決勝点は生まれず痛み分けに終わりました。

鹿児島 0-1 今治|白波スタジアム

4分、今治はゴール前でのルーズボールを玉城峻吾がゴール左隅へと蹴り込んで電光石火の先制ゴール。追う鹿児島は反撃に転じるもシュートの正確性を欠いて3試合連続の無得点。今治がリードを守り切り、3試合ぶりに勝点3を積み上げました。

熊本 1-0 沼津|えがお健康スタジアム

熊本は77分に河原創のクロスから谷口海斗が得点ランキング単独首位に立つ今季13点目を決めて先制。87分、沼津の栗原 イブラヒム ジュニアのヘディングシュートはGK内山圭が見事に阻止し、熊本が3試合ぶりの白星で2位に再浮上しました。

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集