フォト

ギラヴァンツ北九州編:2015喜怒哀楽

©J.LEAGUE PHOTOS

ギラヴァンツ北九州編:2015喜怒哀楽

2015年12月23日(水)

今季のJ's GOAL年末企画は“2015喜怒哀楽”。全52クラブの担当ライターが3つの視点から2015シーズンを振り返ります!

■2015クラブトピックス
小松塁がJ2の日本人最多得点!終盤は圧巻の5戦連発
2015年に北九州の仲間入りをした小松塁。出場停止で出られなかった明治安田生命J2リーグ最終戦を除く全試合でピッチに立ち、2年連続1ケタ順位の原動力となった。第2節・徳島戦では風間宏希とのコンビネーションから初得点、チームに勝利を呼び込んだ。中盤の選手や原一樹との連係がいっそう深化してくるとゴール数は右肩上がりに増え続け、終盤戦は圧巻の5試合連続ゴール(第37~41節)。シーズンを通じて18得点をマークし、J2で3位、日本人選手ではトップの成績となった。

Reported by 上田真之介

ギラヴァンツ北九州編:2015喜怒哀楽 その他のトピックスも読む

フォトコメント(件)