秋田:杉山弘一新監督就任会見実施

©J's GOAL

秋田:杉山弘一新監督就任会見実施

2017年1月5日(木)


来季からJ3ブラウブリッツ秋田(BB秋田)の指揮をとる杉山弘一新監督の就任会見が2016年12月26日、あきぎんスタジアム(秋田市八橋運動公園)で開かれた。

杉山監督は大阪府出身。プロサッカー選手として浦和や東京V、新潟などでプレーし、現役引退後は指導者に転身。2011年にはアルビレックス新潟シンガポールを率いてシンガポールリーグカップで優勝し、リーグ戦でも優秀な成績を残して同年のシンガポール年間最優秀監督賞を受賞。その後はアユタヤFC(タイ)監督、柏レイソルコーチなどを歴任した。日本での監督就任はBB秋田が初。


会見に同席したBB秋田の岩瀬浩介代表(写真左)は杉山監督について「高い志と向上心、勝利に対するどん欲さをすべて持っている監督だと感じた。海外の不十分な環境下でも、創意工夫を凝らしチームに落とし込んできた能力とハングリーさで上位進出を目指したい」と期待を寄せた。

杉山監督は冒頭の挨拶で「いま感じている自分の情熱、テンションを、最後の1日まで変わらず持ち続けて仕事をしていく」と意気込んだ。

次にメディアからの質問に答えた杉山監督は「今季のBB秋田の数試合を録画観戦した。とても行動的で粘り強く、いいサッカーをしていると思った」として、「いいものは続けていきながら、変えられるところを変えていく」「チームが勝つこと、勝つためにどうしていくことがベストなのかを考えていきたい」などと話した。

(文・写真=秋田担当、竹内松裕)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報

フォトコメント(件)