川崎F:「ベトナム日本 国際ユースカップU-13 in ビンズン」に川崎フロンターレU-13が参加 

©J.LEAGUE

川崎F:「ベトナム日本 国際ユースカップU-13 in ビンズン」に川崎フロンターレU-13が参加 

2018年11月16日(金)

川崎フロンターレは、2018年12月14日(金)から12月16日にかけてベトナム・ビンズン省で行われる「ベトナム日本 国際ユースカップU-13 in ビンズン」に川崎フロンターレU-13が参加することを発表しました。今大会は日越外交関係樹立45周年記念事業の一環として行われるものです。

川崎フロンターレでは2013年に行われた「東急ビンズンガーデンシティカップ2013」に招待されたことをきっかけに、ベトナムでのサッカー教室やアカデミーへの指導者派遣など、継続的な活動を行ってきました。そして今年はビンズン省を本拠地とするべカメックス ビンズンFCと共に「ベトナム日本 国際ユースカップU-13 in ビンズン」を開催することとなりました。

今大会には日本から川崎フロンターレ、川崎市選抜、東急SレイエスFC、北海道コンサドーレ札幌。ベトナムからもべカメックス ビンズンFC、ハノイFC、ビンフックFC、ホーチミン・リヨンFCの合計8チームが参加し、4チームずつの予選リーグを戦い、その後は予選リーグの結果により順位決定戦も行われます。また大会最終日には、両国のチームから選抜された日越対抗のオールスター戦も行われます。

大会開催に先駆け、11月14日(水)にはホーチミン市で開かれた記者発表に川崎フロンターレの藁科義弘社長が出席し、「次世代のトップアスリートを目指す子どもたちはサッカーを通じて、技術的、精神的に向上するでしょうし、ベトナムと日本の友好関係の発展にも協力できるものと思っています。本大会に出場した選手たちがやがて両国の代表選手となり、国際舞台の場で競うことを願っております」と語っており、ベトナムでの国際ユースカップに期待を寄せています。

なお、大会は2018年12月14日(金)~12月16日(日)にビンズン新都市サッカーグラウンドにて開催されます。

移籍情報

フォトコメント(件)